本嫌いな私でも超感動! 絶対読んでほしい「嫌われる勇気」の2つのポイント

嫌われる勇気の大事ポイント2つ ライフハック

数年前に大流行した本、「嫌われる勇気」
本屋さんで見かけたことのある人も多いのではないでしょうか?

当時の私は

NK
嫌われる勇気?
どうせ『人の目を気にせずに自分の意見を言おう』的なやつでしょ、はいはい。
と全く興味を持たなかったことを覚えています。

しかし、それは間違いでした!
私は小学生の「読書の時間」以外、本を読まない人間ですが断言します。

「この本だけは絶対読んだほうがいい。」

もし、この要約で興味を持たれたらぜひ買ってみてくださいね。

ちなみに「本嫌いな私」が「嫌われる勇気」をなぜ読めたのかですが、
アマゾンの「audible(オーディブル)」を使ったからです。
詳しい説明は省きますが、無料お試しもあるのでぜひ。

嫌われる勇気とはどんな本か


この本は「アドラー心理学」という心理学の本になります。
私が冒頭でお話しした「嫌われても良いから〜」的なお話ではありません!

NK
ちょっとタイトルで損している気がする本だなぁ笑
なんて思っています。

哲人(アドラー心理学を教える人)と青年(アドラー心理学のアンチ)の
会話が書かれているので、読みやすいですよ。
(哲人を「てつと」と呼んだ方は立派な野球人です笑)

冒頭に伝えた「Amazon audible」なら朗読してくれるので、
オーディブルにぴったりの本なんです!
それでは要約を始めます。

ポイント1:個人的に一番感動した「目的論」


みなさんは「今の結果」に対して

読者
「もう若くないし仕方ない」
「学歴が無いからこうなった」
のように思ったことはありませんか?

これをアドラー心理学では「原因論」と言います。
「〇〇だから□□になった。」のような形です。簡単ですね。

この本では「引きこもり」を例にあげています。
引きこもり担った理由を

  • いじめられたから引きこもっている
  • 親の虐待により引きこもっている

と考えるのが「原因論」

私はこの理由を聞いた時

NK
まぁそう考えるよね!別に普通じゃね?
と思っていました。

しかしアドラー心理学では
「引きこもりたいから、引きこもっている」というのです!

NK
「え??意味不明!!」

例えば引きこもっている理由が
「いじめられたから」だとします。これは原因論ですね。

しかし、これは「いじめられたくないから、引きこもっている」
という目的論になるんです。

学校や社会に復帰して、
「またいじめられたらどうしよう」という不安から引きこもっているのです。
つまり引きこもっている今の現状に満足しているから、変わらないのです。

これだけでは腑に落ちない方もいるでしょう。
しかし、原因論が正しいというなら
過去にいじめられた人は全員引きこもっていなければ、おかしくないですか?

いじめられながらも、引き篭もらなかった人は
「いじめられたくない!」という目的に向かって行動した結果なのです。

ポイント2:人生が楽になる「課題の分離」


アドラー心理学では「全ての悩みは人間関係にある」と断言しています。
例えば

  • 身長が低い
  • 目が小さい
  • 学歴がない


なんていう悩みも他者と比較しているからこその悩みですよね。
生まれた瞬間に
この世に自分以外の誰もいなければ悩みなんてできませんよね。

では、どのようにそれらの悩みに対峙していくのか。
それが「課題の分離」です。

例えば身近な悩み
「上司のパワハラがひどい」を考えてみましょう。

この場合、多くの人が
「どうやったらパワハラをやめてもらえるのか」
ということを考えてしまうと思います。

しかし、これは一番やってはいけないこと。
「他人を変えることはできない」とアドラー心理学は言っています。

それは目的論を考えると分かりやすいです。
今回の例では、いろいろな目的が考えられます。

上司の目的
  1. あなたに仕事ができるようになってほしい
  2. ストレス発散
  3. あなたが嫌いだから怒りたいだけ。


そして

あなたの目的
「パワハラを止めたい」

上司の目的が
①あなたに仕事ができるようになってほしい
だった場合、これは「他人を変えようとしている」ことになります。

つまり、あなたの目的が「仕事ができるように変わりたい」でなければならないのです。

このような状態をアドラー心理学では
「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲むかどうかは馬次第」
という非常に分かりやすい例えを言っています。

上司の目的が
②ストレス発散、③あなたが嫌いだから怒りたいだけ
の場合は、お気付きの通り、あなたは何をやっても無駄です。

この「相手の目的」と「自分の目的」の区別をすること
「課題の分離」なのです。

あなたは他人を変えることができません。
あなたは目的のために、「他人を変える」以外の
「自分にできること」を行っていくしかないのです。

まとめ:「嫌われる勇気」ポイント2つ

  1. 人生は目的論で行動する。
    目的論で行動することによって、未来に進んでいける。
  2. 「課題の分離」を意識する。
    他人を変えることはできない。
    自分と他人の「目的」をしっかり区別することによって、対人関係の悩みに対峙していく。
    「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲むかどうかは馬次第」

 

あなたは誰かのための生きているのはありません。
「今、ここを生きる」ことを始めましょう。

 

いかがだったでしょうか。
稚拙なまとめでしたが、私が「嫌われる勇気」を読んで
特に意識していきたいなと思ったポイント2つでした。

この他にも人生のヒントとなることがたーーくさんありますので、
気になった方はぜひ読んでみてください。

【Amazon 単行本、Kindle】

【Amazon audible】